私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早食いは肥満のもと

早食いする子どもほど肥満になりやすい


ライオン歯科衛生研究所の調査によると、「早食いは肥満のもと」とする結果がでた。

調査は沖縄県石垣市など八重山地区で、小学5年生の256人を対象に実施。

体格の判定には、子どもの肥満度を調べるのに使われるローレル指数を用いた。指数は、体重(㎏)を身長(m)の3乗で割り10を掛けて算出、数値が高いほど肥満になる。

指数が最も高かったのは「他人と比べると食べるのは早い」と答えたグループ(45人)で、指数の平均は141。「どちらともいえない」(141人)は131、「遅い」(70人)は125だった。

いずれの数値もローレル指数の判定では「標準」に当たるが、同研究所は「早食いの子どもほど肥満度が高い。ゆっくり食べてよくかめば、少量の食事で満足感を得られるため、指数が低くなると考えられる」と分析している。

食事量については「一口の量が少ない」(57人)の指数は129、「多い」(43人)は139で「一口の量が多いと流し込んで食べる傾向があり、よくかまないために指数が高くなった」とみている。

肥満との関係が指摘されている間食の回数や夜食の有無も検討したが、ローレル指数との関連性は認められなかったという。

同研究所は01年に、東京都内の20代から50代のサラリーマン340人を対象にした調査で、早食いの人ほど肥満の傾向があると発表した。

このときの調査では、早食いについて「子どものころからの習慣で、なかなか直らない」との結果も出ており、同研究所は「食べ方の健康教育を子どものころから行うことが重要になる」と指摘している。

○早食いとローレル指数の関係
ローレル指数

160 太り過ぎ

150 太り気味

140

130 標準

120

110 やせ気味

100
    やせ過ぎ


スポンサーサイト
  1. 2007/04/28(土) 15:02:18|
  2. 食育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<食育には歯が命 | ホーム | 歯の形で決まる食の大原則>>

コメント

親は、子供がのろのろ食べていれば「早く食べちゃいなさい!」というし、さっさと食べて席を離れると「みんなと一緒に食べて!」というし、勝手だなぁ、大変だなぁ、、と思っています。
早すぎも、遅すぎもだめですね、

いつもの食卓に一緒にいる親たちが、よいお手本を示さねば!

私も昔は親に「中ぐらいで食べなさい」といわれました。

その当時は「何が中ぐらいなの?」って思いました。

自分が親になった今、ようやっとその意味がわかったのです!

なにかと時間で制限されている毎日ですが、急ぎすぎた行動もだめなんですね。
  1. 2007/04/27(金) 20:56:31 |
  2. URL |
  3. mikea #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/44-a53a6f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。