私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハシの正しい使い方

・・・・・1200年の歴史・・・・・


ハシは奈良時代から平安時代に入る頃には、広く一般に使われるようになった。

西洋人がナイフ・フォークを使うようになって200年(日本では100年たらず)、それに比べハシは1200年の歴史がある。

室町時代に日本にやって来たポルトガル人が「器用にものを食べる」と記してる。当時彼らは手食だった。それは「神から授けられた手以外使うのは失礼」という考えからだったが、日本人の優秀さに感嘆したようだ。

しかし、情けないことに最近は、きちんとハシを持てる子どもが少なくなってきている。

昔は大家族制度でおばあちゃんから母へ、そして子どもへと正しく持ち方を教わってきた。団欒の機会が減少し、小さいころからハシを持たせる習慣が薄れてきたのが原因。

現在4割の人がまともにハシを持てない。

ハシは2歳ぐらいから持たせるべきで、3~4歳になるとふだんの食事の中で覚えていく。

世界でハシを使う人口は全体の約30%。ナイフ・フォークも約30%、残りは手食で40%。

フォークに関して、スパゲッティを食べる際の注意を一つ。よく片方の手でスプーンを添えて食べる人がいます。形を整えたり、食べやすいという点では便利ですが、特に南イタリアではスプーンは認められません。

この食べ方は、第2次世界大戦後、米国の進駐軍が欧州に来てから急速に流行し始めたのです。彼らはフォークだけでは上手にたべられなかったのです。

情けないことに、いまでは外国人のほうがまともにハシをあやつる。そのうちに、ハシの使い方は外国人に教わる時代が来るのかも知れない。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/18(日) 09:44:11|
  2. 食育
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1
<<食の欧米化は赤信号 | ホーム | よくかんで学習能力アップ>>

コメント

納得、納得。
普段レストランでパスタ料理を頼んだときになにげなく出されているフォークとスプーン、何で両方使うの?と
疑問を感じていた。

アメリカ式はフォークとスプーン、イタリア式はスプーンなし、というのも知っていたけれど、過去の話は知らなかった、、、

みなさんラーメン、そば、パスタ、、、と麺類一般は好きな傾向にありますね。

箸は料理の国籍を問わず使えてとても便利です。
(自身は、本来そんなに麺料理は好みませんが)

子供の箸使いは気にしています、給食では箸を使っているのですが持ち方はそれぞれ自宅での教え方によりますね。

まぁ、なにしろ箸にしてもスプーンにしても
ただ「持つ」のではなく、「食べ物をいただくためにもつんだ!」という気持ちになっていなくてはいけないんですよね。
  1. 2007/02/19(月) 16:40:25 |
  2. URL |
  3. mikea #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/33-275110b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目の下 くまを消す

目の下 くまを消す方法を調べてみました。目の下 くまの原因は
  1. 2007/02/18(日) 20:28:09 |
  2. 目の下 くまを消す

そんな耳鳴りを治療

耳鳴りの原因とは何か。耳鳴りはめまいや
  1. 2007/02/19(月) 02:01:57 |
  2. 耳鳴り 治療

スポーツ好き小学生は食事にも興味

 スポーツ活動に参加している小学生は、食事に対する意識が、より高い傾向にあることが、日本体育協会が行った調査で明らかになった。
  1. 2007/02/22(木) 23:18:46 |
  2. とんみんくん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。