私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

衣食同源

・・・・・おせち料理で陰陽バランス・・・・・


おせち料理にもあき、そろそろ七草粥の食べたいころですね。

今日はおせち料理の勉強をします。

おせち料理は正月に食べる料理。ルーツは中国と深く交流していた平安時代の宮中料理の五節供からきているという。そのためか、中国の衣食同源思想が料理の中に反映されている。

衣食同源とは、日常の食事で病気を予防し治療しようという考え方で、その内容はバランスのとれたおいしい食事である。

バランスには二つの意味があり、一つは栄養の、もう一つは中国の自然哲学である陰陽五行説からきたバランスである。

先ず栄養のバランスについてみると、おせち料理は、魚介、卵、豆、野菜、芋、海藻などを煮たり、焼いたり、酢の物などにしてつくる。これだけ食材がそろえば、栄養のバランスもとれる。

次に相対立するものを組み合わせて調和をとる陰陽のバランスだが、健康づくりの基本である植物性と動物性の食品が、たくみに組み合わされている。

五行のバランスとは酸、苦、甘、辛、塩からいの五味と、青(緑)、赤、黄、白、黒の五色のこと。

つくる料理でバランスが分かる。ごまめ(甘塩味・黄)、カズノコ(甘塩味・黄)、だてまき(甘味・黄)、黒豆(甘味・黒)、紅白なます(酸苦味・赤白)、ぎんなん(苦味・緑)、生姜(辛酸味・赤)など。

見た目も美しく、異なった味が味わえるので、飽きずに食べられ、その上栄養のバランスもとれているので、素晴らしい健康料理といえる。

五味五色の五とはいろいろという意味もある。料理をまんべんなく摂って一年の健康を維持しよう。
__________日経新聞 医食同源より__________


スポンサーサイト
  1. 2007/01/06(土) 12:36:19|
  2. 健康
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<高齢者 低栄養状態になる危険性!!! | ホーム | トランス脂肪酸の使用中止>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/25-3dab00f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇家の食卓(「食育」への考察)

 先日、永年にわたり天皇家(主に昭和天皇)の台所番を、任されておられた料理人の方
  1. 2007/01/15(月) 11:51:28 |
  2. アンチエイジングROOM

栄養バランスの乱れと病気

栄養バランスの乱れと病気について見てみましょう。食品の偏ったとり方による栄養バランスの乱れは、様々な病を引き起こす因となります。
  1. 2007/04/01(日) 16:44:25 |
  2. サプリメントの情報源
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。