私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

唾液は発ガン物質を消去する!

咀嚼力「噛めよ!噛めよ!よく噛めよ!噛めば体が強くなる」

8月12日(土)の「世界一受けたい授業」をご覧になりましたか。今回はよく噛むことがダイエットにつながり、発ガン物質を消去するというのです。

それでは西岡一先生の講義を聞くことにしましょう。

噛まない事によって起こる病気は多数!今、日本人が危ない!よく噛むことはお金のかからない健康法である!噛む事によって生活習慣病などを防ぐ方法を紹介します。


一口30回くらい噛むのが理想とされるが、現代人は忙しすぎ、やわらかいものが良しとされ、よく噛まなければならない食べ物が減り、よく噛む習慣がなくなってきている。

昔は、豆類、干し魚、漬物、海藻類、野菜など噛まなければ食べられないものが主流だった。しかし、子どものアンケートで、好きな食べ物に
カレーライスやハンバーグが上がっているように、現代人は固い食べ物よりやわらかい食べ物を好むようになった。

○噛まない事によって起こる事
(1)よく噛まないだけで虫歯が増える
  →唾液が菌を押し流す働きをしているため。

(2)首や肩の凝り、眼精疲労、偏頭痛が起きる
  →噛む筋肉は首や肩の筋肉と密接に連動。
   筋肉のアンバランスによって起こる。

(3)便秘からの肥満
  →噛まずに食べると食事時間が短くなり満腹中枢を刺激する血糖値が上昇する前にすでに食 べ過ぎてしまうから過食になりやすい。

(4)免疫力の低下
  →噛まない事で、多くの免疫を持つ唾液が分泌されない。

(5)ガンになりやすい
  →唾液は植物に含まれる発ガン物質を消す効果がある。

 よく噛んで食事をする事がこれらの病気の予防もさることながら、女性が特に気にするダイエット や美容、さらには、認知症の予防にもつながる。

○1日に出る唾液の量は?
 1日ひとり当たり1.5リットルの唾液を出す。

よく噛む事によって、より分泌される唾液には、発ガン物質が細胞内に発生させる活性酸素を消去する効果があることがわかった。活性酸素は、酸素から生まれる凶暴な「毒」で、私たちの健康のあらゆるところで、重大な悪影響をもたらすものとして注目されている。
とくに、糖尿病を含む生活習慣病や動脈硬化、心臓病・ガンなどの主な原因で、老化にも関係する。そういってところからも噛む事で健康を保つ効果が分かる。

一口につき30回噛む事を心がけ、唾液をよくだして食べるように心がけて生活する必要がある。

また、子どもたちはこれから更に噛む習慣がなくなっていくと思われることから、よく噛む子どもに育つように噛む習慣をつけるようにしなければならない。
_________________________________________
私も子どものころ父からよく「一口入れたら50回噛みなさい。米粒がどろどろのおかゆ状になってから飲み込むこと」と教えられた。

すっかり忘れていたが、確かによく噛むと量がそれほど多くなくとも満腹感がある。腹八分目で、あごも疲れもう結構です、となるようだ。

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
スポンサーサイト
  1. 2006/08/19(土) 18:12:36|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「病気にならない生き方」新谷弘実 | ホーム | 食べながらやせる パート1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/2-09f698f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。