私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早寝早起き朝ごはん

・・・・・「うま味」の出張授業・・・・・


味の素が小学生に「うま味」をテーマに出張授業を始めた。

世界的に注目を集めている日本の食文化の特質に触れることで、子どもに「食」の奥深さを知ってもらおうという試みだ。

*小学生用食育テキスト
①料理の味には「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」がある。
②うま味の出るダシは昆布やかつお節、シイタケなどから取れる。
③うま味は約100年前、日本人研究者が発見した、日本の10大発明 のひとつ。

「うま味の存在は、日本人が発見するまで誰も気付かなかった」

うま味は、いまや欧米の新聞でも「UMAMI」と表記される”国際語”。ダシにも注目が集まり、欧米の有名レストランのメニューにも「ブイヨン・ド・コンブ」(昆布だし)などの文字が並ぶとか。

子どもたちは「うま味ってすごい」「今日のご飯にもうま味があったの?」と驚きの声を上げた。

この授業づくりは、食育の普及を目的に、食品メーカーや大学、教育研究団体などがスタートさせた「教育ルネサンス食育推進プロジェクト」の一環で、味の素や現職教師らの共同作業で今秋作られたばかり、とのこと。
_________11月28日 読売新聞より_________
スポンサーサイト
  1. 2006/12/03(日) 18:13:36|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広がる「大豆100粒運動」 | ホーム | 和食を乳幼児から?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/19-1cf88103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。