私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和食を乳幼児から?

・・・・・出汁(だし)を哺乳瓶で赤ちゃんへ・・・・・


「和食を乳幼児から」の文字を見て、「何を言ってるの?」と???。

今、子供の食の立て直しとして、乳幼児期から和食を取り入れようという動きがあるという。

かつお節や昆布でとった出汁(だし)を哺乳瓶で飲ませたり、出汁をきかせた食材を給食に採用したりしているのだとか。

「一番出汁を哺乳瓶に入れて赤ちゃんに渡すと、おいしそうに飲むんです。乳児のころから和食のうまみが分かるんですよ」

薄味が基本の和食は小児生活習慣病の予防に効果的。子供にもっと和食を食べさせなくては。

全国の12歳児の約1割が肥満、高コレステロール血症の保有者もふえている。運動不足と高エネルギー、高脂肪、糖分過多の食事が原因。

3~40年前の食事に戻る必要があるという。

濃い味は習慣になりやすく、幼児の頃に慣れてしまうと濃い味しか受け付けなくなる。「だから大人になって生活習慣病予防のために薄味にして、和食を中心にといわれても、食生活を改めることは難しくなる」

週末、親子で出汁を取ってみてはどうだろう。

鍋に汁わん2杯半の水と3㌢四方の昆布1枚をいれて沸騰させ、すぐ火を消す。かつお節の小パック1袋(約5㌘)を入れて鍋に沈んだら、茶こしなどでこして出来上がり。

一家団欒の週末、子に出汁を取ってもらうだけでも食卓の風景は変わるはずだ。今どきの子どもは塾やおけいこで何かと忙しいが、そこはパパとママの腕の見せどころ。あとは出汁をそのまま飲んでもよし。

お吸い物より少し濃いめに調理して、青菜と油揚げを煮てもよし。自分が作った料理を食べる喜びを体験させてほしい。

哺乳瓶で出汁を飲む赤ちゃんを見れば分かるはずだ。子どもは本来、和食が好きなのだ。
________日経新聞 生活ファミリーから_______
スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 20:14:47|
  2. 健康
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<早寝早起き朝ごはん | ホーム | うおつか流大人の食育>>

コメント

あ~~~~~これをもうちょっと前に読んでいればよかった~~~!!

いいこと聞きました!!だし汁を好むかどうかは別として、さっそく子供と一緒に夕飯のときにだし汁を一緒にとってみようっと!
一緒に台所に立つのは子供が遊び感覚で楽しがるのです。今日は昆布や鰹節も一緒に出汁とり遊びしようっと!!

早速トライ!!
  1. 2006/11/29(水) 19:14:19 |
  2. URL |
  3. mikea #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://faitoippa2.blog52.fc2.com/tb.php/18-de138f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

痩せることが必要な小児の肥満

小児の肥満に関して疫学的な記述を行う際には、成長期における「肥満」の判定基準を何にするかが問題です
  1. 2007/02/05(月) 05:50:31 |
  2. 痩せるダイエット

google earth のニュースレター:雪や雲や海面温度や葉緑素濃度状況

google earth からの「観光客」というタイトルの無料のニュースレター(メルマガ)を購読したい場合は、http://earth.google.com/sightseer_signup.html
  1. 2007/03/31(土) 12:07:42 |
  2. 教えて!google 使用法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。