私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇跡の恋愛術

恋愛にうといあなたにて手立てをおつたえします
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/03/19(水) 19:17:25|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

加藤宏幸が沖縄を離れないわけ

 私が加藤宏幸を知ったのは、もうかれこれ3年近くになる。メールの中に彼のメッセージが来るようになった。
 若いお兄さんが、沖縄で快適に生活しながらアフィリエイトで収入を得ている。あなたにもできるんですよ。
 見るとはなしに、そんな生活もやってみたいな。程度で見過ごしてきた。しかし、ここへきて数あるアフィリエイトの中でどれを選択しようか迷った時、私のような素人にも優しくアドバイスしてくれるところは「特選」しかないという結論に至った。

 毎日来る案内のほとんどは、今すぐやらないと遅れてしまう、損をする、矢のような催促である。そんな中で、加藤宏幸はあきもせず、沖縄の快適生活を語りながらちらりちらりとアフィリエイトの話をはさんでくる。押し付けがましくもなく、かといって知らんふりでもなく。そうしているうちに私は彼のファンになっていた。

 そうだ、自分がアフィリエイトをやるなら「特進」にしよう。私にもできるかもしれない。そうして始まった。まだ1ヵ月、彼から送られてくる情報の速度は、私のような初心者にはもってこいの量だ。1年後に私はどう変わっているのか楽しみで期待している。

テーマ:超初心者のアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/03/14(金) 20:01:25|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマネギに重金属排せつ効果!!!

・北見特産・タマネギの効能を売り込む・


北見商工会議所がタマネギの体内正常化作用の確認実験を行い、結果を発表した。

成人の男女を対象にした実験で、日常の食事などで摂取する可能性がある重金属の一種カドミウムや鉛の排せつを促進させる効果が確認できたという。

タマネギの解毒効果は前々から言われていたが、これからは大いにタマネギを食べましょう。

次にタマネギの効用を紹介します。

タマネギの中に含まれる成分としてケルセチンが注目されています。
ケルセチンとは、体の中に溜まった水銀や鉛、カドミウムなどの有害ミネラルを体外に運び出してくれるスグレモノです。ケルセチンのお陰で毒抜きができているわけですね。


デトックス(解毒)を推進するケルセチン
有機無農薬の野菜がよく売れている昨今ですが、農薬にまみれた野菜を出来るだけ排除しながら生活していくことは大切なことです。パッケージには生産者の顔写真が表示され、より安全な食品を求める動きは加速しています。

最も手軽に出来る「毒抜き」が、よく噛むことです。よく噛むことによって、野菜に残留した農薬を解毒する作用がもたらされます。つまり、噛むことによって唾液が分泌されるのです。唾液の中にはラクトフェリンという毒消し成分が含まれています。

食材の中から解毒を考えると、まずタマネギが挙げられます。
玉葱(タマネギ)は食べ物の中で最も多くケルセチンを含んでいます。ケルセチンは玉葱に最も多く含まれるポリフェノール化合物として知られています。特に玉葱の外皮には多く含まれており、花粉の時期の嫌な症状を緩和させることで注目される成分です。

ケルセチンの持つ「どろどろからサラサラへ」の働きはあまりにも有名ですね。
ケルセチンは、別名ビタミンPともいわれ、ビタミンCの吸収を助けます。最近の研究ではガンにも抑制効果があると報告されています。

ケルセチンには、運動による脂肪の燃焼で、血液中にはがれ出した脂肪の中の毒(カドミウムや水銀などの有害物質)が再び脂肪に取り込まれる事を防ぐ働きがあります。毒抜き(デトックス)効果を高め、「得するカラダ」を作るにはケルセチンが強い味方になります。



  1. 2007/06/09(土) 12:32:58|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

果物200gを毎日食べよう

・生活習慣病予防のために、
        果物を毎日200g食べよう・




「毎日くだもの200g運動」が始まって6年になるのだそうです。私は今回始めて目にしました。運動の意義を紹介します。

○食事に果物を取り入れることが生活習慣病やがんの予防になると提唱されていますね。
「米国で1991年から、果物や野菜を1日400g以上食べることを目標とする運動が展開され、がんの死亡率が減少に転じました。高血圧、糖尿病などの危険を減少させることも明らかになっています」

○果物はなぜこれらの病気の予防に効果があるのですか。
「ストレスや肥満で体内に増えると言われる活性酸素を不活性化する抗酸化物質や、発がん物質の生成を抑えるビタミン類、老廃物などを排出する食品繊維が果物に含まれ、これらが複合的に作用していると考えられます」

○なぜ1日200gなのでしょうか。
「日本では、果物は食事ではなく嗜好品、というイメージがあります。日本人の果物の平均消費量は1人1日120gですが、米国では野菜と合わせた消費量が400gもあります。日本もその水準に近づけようと、実現可能で覚えやすい数字として200gが目標となりました。リンゴなら1個、温州ミカンなら2個程度の量です」

○果物の代わりに野菜を取れば十分なのでは。
「果物は野菜と違って生で食べる機会が多く、熱などによる影響を受けずにビタミン類などを摂取できます。また高血圧の原因となるナトリウムの含有量が、一般的に野菜に比べ少ないという利点もあります」

○果物は甘いので、太ると心配する人もいます。
「食品100gあたりのカロリー数を比較すると、リンゴは54kcal、温州ミカン45kcalです。これに対しゴボウは54kcal、ニンジン、玉ねぎは37kcal、ワサビは88kcalもあり、甘さとカロリーは直接的な関係が無いことが分かります。もちろん普通の食事のほかに果物を食べればカロリーオーバーなので、例えば揚げ物を控えるなど、食事での調整は必要です」

○果物を冬も200gを取り続けるには、どうしたらいいですか。
「保存が利くリンゴはほぼ1年中出回っており、バナナとともに比較的手に入りやすいと言えます。春は甘夏ミカンやポンカンなどのかんきつ類もあり、キウイフルーツは国内産が出回るほか、輸入ものも供給されています。最近は1年を通じ、店頭にさまざまな果物が比較的豊富に並ぶので、選びながら味わうのも楽しいですね」
  1. 2007/06/03(日) 06:38:10|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花粉症対策

・・・・・花粉症対応食材・・・・・



1.外出はできるだけ控えましょう。
2.外出する時は、マスク、眼鏡、帽子を着用しましょう。
3.家の中に花粉を入れないように注意しましょう。
4.ストレスを避け、十分な睡眠をとりましょう。
5.加工食品などを控えててバランスのとれた食生活をしましょう。
6.たばこやお酒、刺激性の強いものの摂取は控えましょう。
7.医師の適切な治療を受けましょう。



○ 花粉症に効果のあるといわれている食材で代表的なものを3つ。  

【しそ】
 シソは野菜の中でも主役の役割で毎日のお料理にも登場はしないので、シソだけを沢山食べることは、大変ですから、シソエキスをうまく使うことができれば良いですね。シソの中にも抗アレルギー成分(ルテオリン)シソ油にも抗アレルギー成分(α―リノレン酸)がふくまれていますから、ロイコトリエンという炎症を引き起こす物質の必要な酵素を阻害し作りにくくする働きがあるようです。鼻づまりなどに効果 的で炎症をやわらげるようです。家庭でも栽培が簡単なようですから、1度自家製のシソエキスやシソ油を作ってみるのも良いですね。



【緑茶】
 緑茶の抗アレルギー成分は皆さんお馴染みのカテキンです。最近になってフラボノイド、多糖類、フッ素等の成分がガンを抑制する働きがあるということなどから注目を浴びていますが、花粉症をはじめアレルギー性疾患にも効果 的であることが益々緑茶を見直すことになっています。緑茶のカテキンの特長は吸収が早いということです。皮膚や粘膜を保護する働きと殺菌作用など緑茶は身近な最高の飲み物ですね。



【甜茶(バラ科)】(てんちゃ)
 甜茶は中国南部からひろがったお茶ですが、最近になってバラ科の甜茶のみに抗アレルギー成分(エラギタンニン、アストラガリン)が含まれていることが注目されています。肥満細胞からのヒスタミンの放出を抑え鼻水や目のかゆみを防ぐようですし、またプロスタクランジンという炎症を引き起こす物質の1つの酵素の働きも阻害する為、鼻づまりにも有効のようです。1日に2杯程度飲んでみると良いようですね。


  1. 2007/04/01(日) 16:46:22|
  2. 健康
  3. | トラックバック:11
  4. | コメント:0

雑穀ブーム

・・・・・コンビニで味わう!!!・・・・・


ここ数年、雑穀が静かなブームになっている。コンビ二の弁当やおにぎりに、雑穀や玄米を使ったメニューが増えているとか。

雑穀とはヒエ、アワ、キビ、はと麦などコメや麦以外の穀物で、繊維やビタミン・ミネラルがたっぷりな栄養面でも優れたものです。

生命力が強く、荒地で無肥料・無農薬でも丈夫に育ち、干ばつ・冷害にも強い。

稲作が広まる前には雑穀が栽培され、人びとに食されていました。

農民はコメを作っては年貢米として上納し、身分の高い人たちがこれを食し、自分たちはヒエ、アワなどにコメを少量混ぜて食べていました。これは、昭和20年代まで一般的でした。

私の記憶でも、荒地や米作に適さないヤセ地では、アワ、ヒエ、ソバなどを栽培しており、農家の方たちは「こんなものしか作れない」と、ヤセた土地を嘆いていたのを思い出します。

しかし、その貧しい人たちの「雑穀」が、じつは健康のみなもとだったのです。

日本に来た宣教師たちも、「日本人は貧しい食事をしているが健康だ」と報告しています。

いま、その「雑穀」がブームになり、コンビ二でも買える時代になりました。

かつてはおいしくないとの印象を持たれていましたが、さまざまな色、香り、食感を持つ雑穀がブレンドされ、おいしく食べられるようになっています。

冷めてもおいしく、お弁当に最適。育ち盛りの子どもやストレスがたまりがちなお父さん、便秘が気になるお母さん、家族全員に喜ばれる栄養いっぱいのご飯なのです。

昔は成人病・アレルギー疾患なんてなかったんですから。
  1. 2007/03/10(土) 20:30:43|
  2. 健康
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1

よくかんで学習能力アップ

・・・・・日本人は世界一の早食い・・・・・


30年前に比べ日本人のかむ回数が1/3に減っている。世界でも屈指の早食い民族と言われているそうだ。

昼食にかける時間は平均20分足らず。3食合わせても1時間30分なのだという。

かむことは単に食べ物を食べるだけではなく、その刺激が脳の発達の手助けになることが分かっている。あごの動きの刺激が脳に血液を送り込み、脳全体の循環をよくするのだ。

よくかまない早食いは、ついつい食べすぎとなり、肥満につながる。1口30回以上噛むことを励行したい。

1991年から、厚労省は8020運動を推進してきた。これは、80歳までに20本の歯を残そうと言う運動。現在の日本人が8005で、80歳で自分の歯が5本しか残っていない。

これは先進国の中で一番歯の数が少ない国になっている。

固いものを食べて歯を丈夫にする習慣をつけなくてはならない。
  1. 2007/02/10(土) 11:19:34|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。