私が特進アフィリエイトプログラムを始めたわけ

還暦を迎え、これからの20年を旅行をして歩くための小遣い稼ぎです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇跡の恋愛術

恋愛にうといあなたにて手立てをおつたえします
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/03/19(水) 19:17:25|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

加藤宏幸が沖縄を離れないわけ

 私が加藤宏幸を知ったのは、もうかれこれ3年近くになる。メールの中に彼のメッセージが来るようになった。
 若いお兄さんが、沖縄で快適に生活しながらアフィリエイトで収入を得ている。あなたにもできるんですよ。
 見るとはなしに、そんな生活もやってみたいな。程度で見過ごしてきた。しかし、ここへきて数あるアフィリエイトの中でどれを選択しようか迷った時、私のような素人にも優しくアドバイスしてくれるところは「特選」しかないという結論に至った。

 毎日来る案内のほとんどは、今すぐやらないと遅れてしまう、損をする、矢のような催促である。そんな中で、加藤宏幸はあきもせず、沖縄の快適生活を語りながらちらりちらりとアフィリエイトの話をはさんでくる。押し付けがましくもなく、かといって知らんふりでもなく。そうしているうちに私は彼のファンになっていた。

 そうだ、自分がアフィリエイトをやるなら「特進」にしよう。私にもできるかもしれない。そうして始まった。まだ1ヵ月、彼から送られてくる情報の速度は、私のような初心者にはもってこいの量だ。1年後に私はどう変わっているのか楽しみで期待している。

テーマ:超初心者のアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/03/14(金) 20:01:25|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「賞味期限」五感で判断

  ・・・・・1週間過ぎても「まだ捨てない」・・・・・


食べても健康に影響がない安全性の限度を示す「消費期限」、おいしく食べられる目安を示す「賞味期限」。それを、食品の色や味、においなど五感を使ってチェックする。期限切れの食品が無造作に捨てられる実態に歯止めをかけようと実験している。

甲南女子大教授の奥田和子さんの研究室では、期限表示のある食品が「実際にいつまで食べられるのか」という研究に取り組んでいる。

冷蔵庫で保管したアロエ入りヨーグルトの場合、賞味期限が切れた1週間後も、実験に参加した8人全員が「まだ捨てない」と判断。2週間後も、外見の色とにおいに異常を感じず、5人が「捨てない」と判断した。

これを含め、購入後冷凍した食パン、冷蔵保存した納豆など、調べた全9品について、期限切れ後1週間の時点で、ほぼ全員が「捨てない」と評価。室温で保管したチーズ入りクッキーは、1か月後も6人が「捨てない」と答えた。

実際の生活では、保存状態や開封の有無で状況は大きく異なる。また、実験では衛生学的な検証はしていない。

奥田さんは「においや味で食べ物の傷み具合などを確認していた昔の感覚が、「今は失われている」と強調する。

「食品を捨てるかどうか判断するのに、自分でも調べる感覚を養うことが必要。企業も、消費者が安易に食品を捨てないような情報をもっと提供してほしい」

消費者400人を対象に行ったアンケート(ベターホーム協会実施)で「賞味期限を1日でも過ぎたら食べられない」と誤解している人は20代で13%いた。「消費者は、捨てないで済む知識や方法をしらないのです」

食をないがしろにしてきた反省から、無駄をなくす知識が必要と感じ始めてきたようでえすね。
     ―――読売新聞「食がもったいない」より―――
  1. 2007/07/08(日) 17:21:53|
  2. 食育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマネギに重金属排せつ効果!!!

・北見特産・タマネギの効能を売り込む・


北見商工会議所がタマネギの体内正常化作用の確認実験を行い、結果を発表した。

成人の男女を対象にした実験で、日常の食事などで摂取する可能性がある重金属の一種カドミウムや鉛の排せつを促進させる効果が確認できたという。

タマネギの解毒効果は前々から言われていたが、これからは大いにタマネギを食べましょう。

次にタマネギの効用を紹介します。

タマネギの中に含まれる成分としてケルセチンが注目されています。
ケルセチンとは、体の中に溜まった水銀や鉛、カドミウムなどの有害ミネラルを体外に運び出してくれるスグレモノです。ケルセチンのお陰で毒抜きができているわけですね。


デトックス(解毒)を推進するケルセチン
有機無農薬の野菜がよく売れている昨今ですが、農薬にまみれた野菜を出来るだけ排除しながら生活していくことは大切なことです。パッケージには生産者の顔写真が表示され、より安全な食品を求める動きは加速しています。

最も手軽に出来る「毒抜き」が、よく噛むことです。よく噛むことによって、野菜に残留した農薬を解毒する作用がもたらされます。つまり、噛むことによって唾液が分泌されるのです。唾液の中にはラクトフェリンという毒消し成分が含まれています。

食材の中から解毒を考えると、まずタマネギが挙げられます。
玉葱(タマネギ)は食べ物の中で最も多くケルセチンを含んでいます。ケルセチンは玉葱に最も多く含まれるポリフェノール化合物として知られています。特に玉葱の外皮には多く含まれており、花粉の時期の嫌な症状を緩和させることで注目される成分です。

ケルセチンの持つ「どろどろからサラサラへ」の働きはあまりにも有名ですね。
ケルセチンは、別名ビタミンPともいわれ、ビタミンCの吸収を助けます。最近の研究ではガンにも抑制効果があると報告されています。

ケルセチンには、運動による脂肪の燃焼で、血液中にはがれ出した脂肪の中の毒(カドミウムや水銀などの有害物質)が再び脂肪に取り込まれる事を防ぐ働きがあります。毒抜き(デトックス)効果を高め、「得するカラダ」を作るにはケルセチンが強い味方になります。



  1. 2007/06/09(土) 12:32:58|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

果物200gを毎日食べよう

・生活習慣病予防のために、
        果物を毎日200g食べよう・




「毎日くだもの200g運動」が始まって6年になるのだそうです。私は今回始めて目にしました。運動の意義を紹介します。

○食事に果物を取り入れることが生活習慣病やがんの予防になると提唱されていますね。
「米国で1991年から、果物や野菜を1日400g以上食べることを目標とする運動が展開され、がんの死亡率が減少に転じました。高血圧、糖尿病などの危険を減少させることも明らかになっています」

○果物はなぜこれらの病気の予防に効果があるのですか。
「ストレスや肥満で体内に増えると言われる活性酸素を不活性化する抗酸化物質や、発がん物質の生成を抑えるビタミン類、老廃物などを排出する食品繊維が果物に含まれ、これらが複合的に作用していると考えられます」

○なぜ1日200gなのでしょうか。
「日本では、果物は食事ではなく嗜好品、というイメージがあります。日本人の果物の平均消費量は1人1日120gですが、米国では野菜と合わせた消費量が400gもあります。日本もその水準に近づけようと、実現可能で覚えやすい数字として200gが目標となりました。リンゴなら1個、温州ミカンなら2個程度の量です」

○果物の代わりに野菜を取れば十分なのでは。
「果物は野菜と違って生で食べる機会が多く、熱などによる影響を受けずにビタミン類などを摂取できます。また高血圧の原因となるナトリウムの含有量が、一般的に野菜に比べ少ないという利点もあります」

○果物は甘いので、太ると心配する人もいます。
「食品100gあたりのカロリー数を比較すると、リンゴは54kcal、温州ミカン45kcalです。これに対しゴボウは54kcal、ニンジン、玉ねぎは37kcal、ワサビは88kcalもあり、甘さとカロリーは直接的な関係が無いことが分かります。もちろん普通の食事のほかに果物を食べればカロリーオーバーなので、例えば揚げ物を控えるなど、食事での調整は必要です」

○果物を冬も200gを取り続けるには、どうしたらいいですか。
「保存が利くリンゴはほぼ1年中出回っており、バナナとともに比較的手に入りやすいと言えます。春は甘夏ミカンやポンカンなどのかんきつ類もあり、キウイフルーツは国内産が出回るほか、輸入ものも供給されています。最近は1年を通じ、店頭にさまざまな果物が比較的豊富に並ぶので、選びながら味わうのも楽しいですね」
  1. 2007/06/03(日) 06:38:10|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

給食アレルギー年間300件

・・・・・原因の最多は果物・・・・・


小中学校の給食が原因の食物アレルギー事故が年間300件以上起きていることが明らかになった。

死亡例はなかったが、発症した児童・生徒の4.7%が入院したほか、59%が医療機関を受診しており、給食における食物アレルギー対策の重要性が浮き彫りになっている。

2年間で637件の食物アレルギー事故が発生。夏休みなど長期休暇を除くと、1日1.5件以上の頻度で起きていることになる。

原因食物は、果物類が20.3%で最も多く、7割がキウイ。エビなどの甲殻類が18.8%、乳製品11.9%と続いた。

症状はじんましんなどの皮膚の異常が68.4%と最多で、呼吸困難などで命にかかわることもある「アナフィラキシーショック」が7.2%に現れた。

原因が判明した436件のうち、アレルギーを起こす食材が誤って混入していた例が142件(32.6%)、原因食材の除去対策をしていない例も39件(8.9%)ある、調理現場では十分な対策が講じられていないようだ。

「原因が判明した事故の約6割は、食物アレルギーと診断されたことのなかった子どもが発症している」との医師の報告もある。

学校としても事前のアレルギー反応検査が必要になってきそうだ。

○給食のアレルギー事故の主な原因食物
 果物類・・・・・・・・・・・・・・・20.3%
 キウイ・・・・・・・・・・・・・・・14.6%
 甲殻類・・・・・・・・・・・・・・・18.8%
  エビ・・・・・・・・・・・・・・・・17.3%
 乳製品・・・・・・・・・・・・・・・11.9%
 魚類 ・・・・・・・・・・・・・・・11.1%
  サバ・・・・・・・・・・・・・・・ 3.3%
 鶏卵 ・・・・・・・・・・・・・・・ 8.9%
 ピーナツ・・・・・・・・・・ ・・・・6.3%
 クルミなどのナッツ類・・・・ 5.7%
 イカなどの軟体類・・・・・・ 3.3%
 
  1. 2007/05/27(日) 18:16:15|
  2. 食育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

子どもに嫌いな物を食べさせるには

・・・・・どんな工夫をしていますか・・・・・


「NIKKEIプラス1」の調査結果をお知らせします。

子どもが偏食だと親は心配でたまらない。嫌いな物を食べさせるにはどうすればよいのか、大きく分けて「料理の工夫」と「声かけやしつけ」の2つの回答が寄せられた。

まず料理の工夫では「みじん切りにする」「すりおろす」「ミキサーにかける」との声が圧倒的。

形がわからなくなるまで小さくして、料理に混ぜ込むのが基本。

対象となるのは、やはり野菜が多い。にんじん、ピーマン、玉ねぎ、なす、しいたけ、パセリなど。

これらを細かくして、カレー、ハンバーグ、ギョーザ、春巻き、焼きそば、チャーハン、お好み焼きなどに混ぜ込む。スープ、みそ汁、豚汁といった汁物に使う人もいる。

「子どもの好きなハンバーグとかカレーに混ぜ込めば、嫌いな素材はたいてい食べる」「知らず知らずのうち食べていたことをある日教えてサプライズにする」という。

見てくれも重要。「型抜きをして、星や花などかわいい形にする」「色とりどりに盛りつける」という声も少なくない。

次に、声かけやしつけ。「両親が『おいしい』と言って食べれば子どもも食べるようになる」「嫌いな物でも一口必ず食べさせれば次第に慣れる」「一緒に料理をつくると食べるようになる」など。

次に、声かけの実例をまとめましたので、参考にしてください。
○こんな言葉をかけています
・これを食べると栄養があるから強くなって○○くんに勝てるよ
・(海藻類のとき、髪を伸ばしている子どもに)髪の毛がどんどん伸   びるよ
・食べ物を残すと格好悪くて、女の子にもてない
・(子どもの好物の果物を見せて)全部食べたらデザートね
・背が高くなる、力がつく
・将来、配偶者と食べ物で行き違いがなくなる
・(話がある程度通じるようになったら)好き嫌いは大人としてはずか  しい
  1. 2007/05/19(土) 20:35:03|
  2. 食育
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。